忍者ブログ

きつけやまーちゃんの衣裳部屋

岡崎市でアンティーク振袖中心に着物の着付けつきレンタルをやってました。連絡先 kitukeyamaachan@gmail.com

夏の長じゅばんを新調!いよいよデビューします。

明日はいよいよ浴衣講座です。

明日は私も着付け講師らしく笑
着物を着ていこうと思っています。

着物は元来、重ね着なので、暑い。。。です。
少しでも重ね着を減らすためにうそつき、という襟のついた肌襦袢があります
それはそれでいいんですが、夏の絽や紗のようなすけすけのものだと
肌襦袢がまるわかりになっちゃうんです。。。うそつきだってバレバレ
それが嫌なんで訪問着などを着るときは暑いの我慢して長じゅばんをきちんと着てますが
普段着用に「洗えて」「汗を吸って」「かわいい」うそつきっぽい長襦袢をと思い、
ついに作っちゃいました。
こちら!!!



洋服地でできた長じゅばんです。
衿も同じ生地でさっきつけちゃったので同化しちゃってますが、ちゃんと白い衿芯地です。
生地はメーター800円くらいのものを4メートルほど使ってます。
キュプラ60%リネン13%テンセル20%シルク7% の薄手でさらっとしてるけど透けない生地です。
この下にキャミソール着てもいいし、和装ブラでもよさそう。この生地です↓


そして作っちゃったといっても自分で作れるわけないので仕立て屋さんで仕立てていただきました。
今回利用したのはここ。


いろいろ仕立て屋さんを探したのですが一番安くて納期が早かった!!
洋服地ということで裁断料1000円かかりましたがそれでも安い!
半襟付でしたがなしでお願いしたら半襟分もまけてくれました。
ポイントもあったので9000円くらいでできちゃいました。

というわけで明日はこれを着ていきまーす。

拍手[0回]

PR

メンズ着付け考察

ワタクシきつけやまーちゃんは、女性はもちろん、男性の着付けも致します。
紋付き袴はもちろんなんですが
ちょくちょく、相方に着物やら、浴衣やらを着せてお出かけします。
さて、この相方、困ったものでとにかく動きが激しい。。。
そしてリュックを背負います。オイ!
先日、ゆあんさんのブースを尋ねに、橋の下音楽祭に出向きましたが
駐車場がないのでスクーター二人乗りで行きました。
私もよせばいいのに貝ノ口(帯締めは必須)
相方も男結びの貝ノ口ですが、これが曲者。。。
リュックを背負うものだから手先が押されて抜けちゃうんです。
抜けたら当然、ほどけますよね。。。

昔の生活は背もたれがなかったし、壁にもたれるってこともあんまりなかったのでしょう。
貝ノ口、背もたれに弱いです。。。
かっこいいのだけど、車の運転、ましてやスクーターなんて!!
とにかく背中のこすれに弱い貝ノ口。。。ウウ。。

毎回相方に、帯が緩んだ!落ちてきた!といわれます。
そりゃリュック背負ったらね。。。

さらに、相方、恰幅がよすぎるので補正いらず、という感じなのですが
やっぱり補正を入れたほうがきっちり紐も帯も締めれますし、いくらおなかが出てても
凹凸をカバーしたほうが着崩れないのではと思います。
難しい。。。。

紋付き袴の着付けで着崩れたことはないのですが!
現代男性のアクティビティを考えて、着付けも考えないといけないですね。


拍手[0回]

★本角出★アンティークの昼夜帯ってどうするの?

アンティークの昼夜帯、染帯が多いですが
昼夜帯、確かにかわいいです。裏と表の柄が全然違うし

でも裏と表の柄の向き、違いますよね。

というわけで、そういう帯で結べる帯結びが「本角出」です。

 

こちらは現代の帯ですが、やわらかい染の袋帯です。
柄があるとわかりやすかったのですが、お太鼓の部分は上下が逆になります。
リバーシブルを生かしましたが表向きでも大丈夫。
お太鼓の柄が上下逆のアンティーク帯がたまにありますが、こういう結び方をしたため、なんだろうと思います。

 

拍手[0回]

新郎さま、新婦さま、お友達の着付けをしました♪

どういうわけか(笑)
この全く更新していないブログを発見しお越しくださいました皆様こんにちは。

きつけやまーちゃんです。
細々と活動しております。時々、ご連絡や、着付けのご依頼を頂戴しております。
ありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。
遅れてしまうかもですがお返事いたします。
とりあえず着付け「やってます」

さてさて

先日、ご親族の結婚お披露目会にて
きつけやまーちゃんの振袖、紋付をレンタル、着付けご利用いただきました。

ありがとうございます。

私のとってもお気に入り「紅型」ちゃんと「インコ」ちゃんです。
新婦様とお友達、どちらも試着して大変迷われていました。
お二人とも、どちらも大変お似合いでしたが
わたしとしましては、新婦様が紅型、お友達がインコが絶対に似合うと思ってました。
結局お二人自身では決めかね、共通のご友人にきめていただいたそうで
やっぱり(笑)紅型が新婦様、お友達がインコとあいなりました。

新婦様には花嫁らしい着付けと、小物、そして帯も格式高いものにしました。
お友達は個性的な雰囲気にしました。

お二人ともお顔を出してもよいといってくださったのですが
一応、スマイルちゃんで隠しときます。
二人ともとってもかわいい、素敵な女性です!!


 今回、お友達のインコちゃんの振袖の着付けは「きものゆあん」さんにご協力いただきました。ありがとう!

帯は二人とも私が結びました。
新婦様は立矢で縁起の良い結び目を感じさせる結びにしています
立矢はかかえ帯にあいますね

 

新郎様の紋付きは紺色です。
なかなかないお色ですが、気に入ってくださる方が多く
新郎様にもご好評いただきました。


美男美女でうらやましいーーーーっす♪

新郎様はドラマーだそうで
余興で激しく素敵なドラムを紋付きで演奏されたそうです。
カッコイイねーーー



着崩れもなく無事終了されたというお話を伺い、一安心です。
 
帯結び以外のお写真はご提供いただきました。このたびはありがとうございました。

末永くお幸せに♪

拍手[0回]

8か月の妊婦さんに着付けしました!

先日、私の大切な友人であり、常にいろいろとご協力くださるきものゆあんさんに
結婚式での振袖の着付けをしました。


彼女は只今オメデタ真っ最中でして
着付けの日が8か月目突入でした。
着付けすることがきまりいろいろな方にアドバイスいただきましたが
とりあえず、うちの先生方は「おなかがあんまり出てたら大変だけど普通に着せて大丈夫よ」
とおっしゃってたのでそれを信じ準備。

妊婦さんなのでまず補正がかなり必要です。
おなかをカバーし、差を補正で埋めていき、胸元は花嫁らしく丸く作りました。
えもんもがっつり抜いてかわいい刺繍襟が見えるように花嫁らしく。

身丈が若干短かったのと、腰紐を上のほうで結んだためおはしょりがほとんどなく
なけなしのおはしょりよりないほうがいいだろうと、かかえ帯で隠してしまいました。
なので対丈風。

帯も少し幅が狭く短い!袋帯ですが4メートル数センチ。
当初の描いていた羽の取り方ができなかったので急きょ文庫にしてこじんまりとなりました。
逆に花嫁さんの文庫風になったでしょうか?

彼女が着なれているというのもあるとは思いますが
着崩れもなく苦しくなく過ごせたそうです。(画像は式後)
ほとんど妊婦さんだとわからないくらい、じゃないでしょうか?
式後の家族での食事会もそのまま出かけて、もりもりご飯を食べたそうです。

そして今回の着付けで実感したのは、やっぱり、補正って大事。。。
うーん、奥が深い!!

またこのたびの着付けに関して「和日和」さんのブログにてアドバイスをいただきました^^
ありがとうございます。

因みにご主人もわたくしが着付けしました^^(3枚目の画像の後ろ姿)
バスタオル2枚入れてがっつり太らせましたのでいい貫禄になってます。

そしてこの素晴らしい日に着付けをご依頼くださり、本当にありがとう。
お幸せに!!

拍手[0回]

プロフィール

HN:
きつけやまーちゃん
性別:
女性
趣味:
着物類
自己紹介:
岡崎市でひっそりと着付け師になりました。
着付け歴は15年以上、友人知人に頼まれたり、写真館等で着付けの腕を磨いてきました。
もっと身近に楽しくキモノライフを目指して活動中!
電話★080-2650-7422★ メール kitukeyamaachan@gmail.com

PC版メールフォーム





忍者カウンター

P R

Copyright © きつけやまーちゃんの衣裳部屋 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]