忍者ブログ

きつけやまーちゃんの衣裳部屋

岡崎市でアンティーク振袖中心に着物の着付けつきレンタルをやってました。連絡先 kitukeyamaachan@gmail.com

男性の和装礼装の考察

続きです。

ぞうめし屋の社長様への着付けとレンタル。

結婚式に新婦の上司としてご出席ということで、式場の雰囲気も伺い、

当然のように「黒紋付き袴」でとお返事いたしました。

ところが後日「本当に袴でいいの?」とおっしゃられました。

ワタクシ、はっといたしました。

そう、男性の第一礼装は黒紋付き袴。未婚女性の第一礼装が振袖なら男性は黒紋付き袴、が着物の常識なんです。

でも一般の感覚では黒紋付き袴=新郎の衣裳なんです。

うーーーーーーーん、そうなんです。同じ格好なんです。黒紋付き袴。

私としてはそれが普通の、当たり前の「あさが来た」でもみんなお祝い事には黒紋付き袴じゃん!
それが日本の文化でしょ?て認識していたのですが
 
和装になじみの少ない今日、花嫁と被らないように白は着ない!と同じ感覚で新郎と同じ黒紋付き袴は失礼なのではないか?

と感じられてもそれは確かに不思議じゃないんです。

それだけ、和装の常識が一般的でなくなっているのは残念至極、なのですが、、、

それはさておき、戸惑われる気持ちを察知いたしまして

略略礼装くらいには、とカジュアルダウンを提案いたしました。



茶の長着に紺の紋付き羽織、袴、です。
衿も白はやめて茶色にしました。羽織紐も紫にしています。

袴は礼装なので私には外せませんでした。

ゆあんさんにも聞いたのですが、友だちの結婚式で着物が着たいと探しに来る男性に
袴にしないと礼装にならないことを伝えると抵抗を感じるようです。
やっぱ着流し(袴をはかないスタイル)のイメージが強いようで。。。

でも袴にすると礼装感が増してぐっと凛々しくなると思います♪

着付けはゆあんさんにお任せー

着なれない方が和装をするのはとても大変なことです。でも華やかであり、心遣いを感じられると思います。

新郎新婦のみならず、そのご家族が本当に喜んでくださります。
結婚式の格もぐっと上がります。


ですのでぜひ、男性も袴でご出席くだされば...いいなあと♪


今回の着付けでいろいろ考えさせられました。

拍手[0回]

PR

昔のおしゃれ着物写真




この写真の両サイドの美少年、私の15年前に亡くなった祖父です。
私が着付けを始めるきっかけになったのは祖父の死です。
お葬式の時に祖母や母が着物の喪服を着ていたのですが
その時に何もできないもどかしさ。
着物が着付けできたらいいなあ、、、って思ったんです。
私が成人式のお祝いでもらったお金で当時、ワープロを買いました。
祖父は何に使ってもいいと言ってくれましたが本当は帯の一つでも買ってほしかったんだと思います。
ワープロを買って成人式に振袖を着なかったことをがっかりした様子でした。
当時の変な子ちゃんの私は、全く気にもとめず。。。
そんな後悔がいま、あります。


それにしても!
お友達と一緒にオシャレして写真館で写真を撮っちゃうなんてカッコイイ
着物に帽子が粋ですよね~
我が祖父ながらほれぼれします。

こんな風に、カッコよく和服を着こなしたいですねえ。。。

拍手[0回]

プロフィール

HN:
きつけやまーちゃん
性別:
女性
趣味:
着物類
自己紹介:
岡崎市でひっそりと着付け師になりました。
着付け歴は15年以上、友人知人に頼まれたり、写真館等で着付けの腕を磨いてきました。
もっと身近に楽しくキモノライフを目指して活動中!
電話★080-2650-7422★ メール kitukeyamaachan@gmail.com

PC版メールフォーム





忍者カウンター

P R

Copyright © きつけやまーちゃんの衣裳部屋 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]